逆流性食道炎の原因を考える

当サイトは、「逆流性食道炎」を経験した管理人が運営しています
逆流性食道炎の原因を考える 喉の痛みなどの症状 治療方法や市販薬 食事や献立

逆流性食道炎の原因を考える >

逆流性食道炎とは

普通に生活している時よりも食事の後などに、胸やけがする、ゲップがよく出る、胸の表裏の痛みなどがあると、逆流性食道炎の疑いがあります。

食道炎の一種で、消火液の胃液や十二指腸液、胆汁、膵液などが食道まで逆流することにより、食道の粘膜を侵すことにより「逆流性食道炎」になります。

胃食道逆流症とも云われます。ただ、「逆流性食道炎」が一般的に使われます。

逆流性食道炎の原因

暴飲暴食

暴飲暴食の場合は、一時的な急性のものがほとんどです。
逆流性食道炎のような症状が出た場合は、治療方法としての食事療法などを早期に始める必要があります。

食道裂肛ヘルニア

胃の一部が横隔膜より上の胸腔(きょうくう)にはみ出すことが「逆流性食道炎の原因」です。
胃が上部へはみ出すと、食道への侵入を防いでいる弁の筋肉の働きが低下します。すると、胃の内容物が食道へと入りこむわけです。

肥満や妊婦

肥満や妊婦は、お腹周りにお肉が付くので、腹圧があがります。その事により胃が上へと押し上げられ、胃の内容物が食道へ上がりやすくなります。
妊婦さんは、お産が済むまではどうしようもありませんが、肥満は少しでも改善する事をお勧めします。
また、猫背などでも同じような原因となります。

中年以降

胃の内容物が食道へ入り込まないために、弁があります。
しかし、中年以降になると弁の働きが弱くなるので、「逆流性食道炎」になりやすい体質だといえます。

雑学

口が臭くなる

逆流性食道炎を患うと、「ゲップ」を誘発します。また、胃酸が逆流することにより、この病気になります。
ゲップや胃酸は、少なからず胃の内容物を口腔に押し戻すことになります。それらが、口臭の原因物質となる可能性は否定できません。
その都度、歯磨きをして口腔内を綺麗にすればいいのですが、そんなに何回も何回も歯磨きをする事は現実的に出来ません。対策としては、口の中を水でゆすぐだけでも違いはあります。

医学上の分類は?

食道炎の一種です。
食道炎とは、食道の炎症の事です。炎症の原因が胃酸の逆流による起こるので、「逆流性食道炎」と呼ばれています。

病院での診療科目は何科に行けばいいのか?

診療科目は、内科です。内科を受診して、他の科目に原因がある場合は、お医者さんから指示があると思います。

食道炎の種類

逆流性食道炎

胃酸などが食道に逆流することにより起こります

感染性食道炎

細菌類によって起こる食道炎です。

腐食性食道炎

酸やアルカリなどの液体を誤って飲んだときに起こります。お酢などを飲んでも酸性が強くないので起こり得ません。

薬剤性食道炎

抗生物質、消炎鎮痛剤などの錠剤やカプセルが食道に引っかかって起こります。
薬を飲む時は、水などで十分に流すように心がけてください。

放射線性食道炎

放射線治療を受けた後、二週間ほどでおこる急性型と二カ月ほど後に起こる慢性型があります。

経験談

胃カメラ検査で発見

ある日、夕食に出された唐揚げを見て、胃が「ムカムカ」しているのに気づいた。一言でいえば、見ているだけで気持ちが悪い。
実際に食べてみても、美味しくない。から揚げは好物なのに美味しくない。そして、一つ二つと食ってみると、三つ目辺りで胃の調子がおかしくなった。から揚げが喉を通らないのだ。これは、明らかに異常だ。

胃の不調は今までにもあったが、今回のは今までよりも重たそうだ。
とりあえず、次の日は、ご飯の量を減らし、夕食はほとんど食べずにいると、ある程度ましになった。

それから数日後に、飲み会が重なった。特に日本酒が好きな方で、強くは無いが誘われれば出かけるし、お店の終わり時間まで飲み続ける。
そんな日が数日続いた朝、便の色が明らかに黒色だった。前日に食べた「宮崎地頭鶏のもも焼き」の炭が出てきたのか?と思ったが、次の日も黒い便だった。その次の日も、、、こんなに続いたのは記憶にない。
その日から晩酌の量を減らすと、便の色も普段の色へと改善。

から揚げが食べられなくなるし、便の色が黒色、おまけに胃の調子は「なんだかな〜〜〜」状態。万全の状態を10とすると、今の状態は3ぐらいだ。これは、何か原因があるに違いない。
ということで、胃カメラ検査を受けることに
胃カメラ検査は、今まで二度、口からと鼻からを受けた事がある。そのどちらも、喉が「オエオエ」なるから嫌だったけど、先生の話では「今の胃カメラは麻酔を注射してから検査を受けるから、寝ている間に終わってるよ」との事。この一言で検査を受けることに。

検査の前日は、夜の9時から絶食。水ぐらいはいいが、お茶などはダメ。
検査の前に、胃の泡を取るための「液体」を飲む。その後に、喉を麻痺させるために、ジェルを喉に含ませ、スプレーを「シュシュ」と吹きかける。検査台に乗せられて、点滴で麻酔薬を送られたなと思ったら、夢の中へ。起きたら、病院のベッドの上だった。
や〜〜〜簡単ですね。これだと「オエオエ」なることは無いからちょ〜楽ですよ。

して、検査結果は、特に異常はなしとの事。ポリープや異常個所は見当たらず。
ただ、胃酸が逆流しているので「逆流性食道炎」との診断だった。
いつも飲んでいる「パリエット」で治していきましょう。で終了。
検査結果は、なんてことないし、拍子抜けしましたが、なにごともなくて良かったです。

原因は、わかりきったことで、「暴飲暴食」。から揚げムカムカの前には、外食が多く、食べる量も多かった。便の色が黒くなった時は、あきらかに飲み過ぎ。暴飲暴食が原因です。
食べないと体に悪いけど、食べすぎは飲み過ぎは、もっと体に悪いです。気を付けないとね。

サイトマップ

逆流性食道炎の原因を考える
逆流性食道炎とは
逆流性食道炎の原因
雑学
サイトマップ

逆流性食道炎による喉の痛みなどの症状

逆流性食道炎の治療方法や市販薬

逆流性食道炎の食事や献立