逆流性食道炎の食事や献立

逆流性食道炎改善のための食事レシピなどの具体例を公開しています。

逆流性食道炎の原因を考える > 逆流性食道炎の食事や献立

逆流性食道炎を改善するための食事

刺激物を避ける

刺激物は避けましょう。刺激物は、食道などを痛めつけるだけで何の得もありません。せめて、逆流性食道炎が改善するまでは我慢しましょう。

コーヒー

朝の一杯、食後の一杯とコーヒーを飲む方なら当然と言えば当然。ですが、コーヒーはかなりの刺激物です。コーヒー豆にもよりますが、酸性度が高いものもあります。当然、避けるべきです。

香辛料

香辛料は刺激物の代表格と言っても過言ではありません。
香辛料を使った料理で一番に思い浮かべられるのが「カレー」ではないでしょうか。是非、避けてください。
うどんなどにかける「一味唐辛子」も厳禁です。ニンニクを使った料理も控えましょう。

酸味

酸味のあるものも避けたほうがいいでしょう。
酸味といえば酢の物。夏などはさっぱりとした酢の物が食べたくなります。酢の物には疲れを飛ばすなど体にいい面もありますので、絶対に食べないというのではなく、少量を食べるようにしましょう。

消化のいいものを食事に取り入れる

消化のいいものを食事の中に取り入れましょう。逆にいえば消化の悪いものは除外します。

消化の悪いものと言えば、繊維質の多い食べ物です。
豆類は比較的に繊維質が多いです。ゴボウなどは有名ですが、豆類、小豆やエンドウ豆、インゲン豆などのほうが多い。
ただ、繊維質についてはあまり気にしなくてもよさそうですが、海藻類、わかめなどは繊維質が多すぎるので避けたほうがいいでしょう。

油分を取り除く。油は消化の悪いものの代表です。ヘルシー○○とかありますが、摂取しないに越したことはありません。
天ぷらなどは食べないようにしましょう。
また、成分として脂分が多い食事も避けます。サラミやソーセージ、ステーキなどはご法度です。

逆流性食道炎に優しいレシピの具体例

大根おろし

食事の量を減らしたり、食事を考えたりしても、症状がある程度は出てしまいます。そこで、お勧めするのが「大根おろし」。
大根には、消化を助ける酵素が含まれています。食事の前に大根おろしを食べておくと症状が出るのを軽減してくれます。手軽で簡単なので毎食取り入れると症状の緩和に役立ちます。

消化を助けてくれる大根おろしですが、食べ過ぎは禁物です。大根おろしは辛みのある食べ物です。その絡みで胃が痛んでしまっては元も子もありません。

おかゆ

これが一番無難です。しかも、薄味。間違っても梅干しやわかめのつくだ煮などと一緒に食べないようにしましょう。
栄養面から考えて、玉子を落とすのはいいでしょうね。

うどん

うどんには「コシ」が大事ですが、逆流性食道炎の時は遠慮しましょう。柔らかく煮込んだ昔ながらのうどんにしましょう。
具は、玉子のみ。味付けはカツオ出汁の薄味。
間違っても一味唐辛子など入れないように。

ささみの蒸し鶏

肉類では、鶏のささみがベストです。味は淡白ですが、栄養価も高く、消化もよく、ダイエットなどでも重宝される食材です。
鶏ささみは、蒸し鶏にしましょう。蒸し料理は油を使わないし栄養価も他の調理法より残りやすいのでとても優れています。
鶏のささみの他、人参も薄くスライスして蒸しましょう。あればキュウリなども添えて、ゴマだれをかけてさっぱりサラダの出来上がりです。

豆腐

豆腐もお勧めです。手軽に取り入れる事が出来るのがいいですね。
ただし、薬味類は外しましょう。鰹節ぐらいでお願いします。
湯豆腐だともっとベストですね。

逆流性食道炎の食事で気を付ける事

食べ過ぎない

食べ過ぎないというよりも、いつもよりも量を大幅に減らす。
食事の量が多いと、胃は消化しようとして大量の胃酸を発生させます。当然、それにより胃はダメージを受けますので、症状が悪化します。
それを防ぐには、食事の量を減らす。8分目、7分目、6分目。

良く噛んで食べる

良く噛んで食べると、消化されやすくなるので胃に優しい食事になります。
一口三十回が理想です。もっと多くてもいいですよ。
食事の量を減らしても、良く噛んで食べると満腹感を得る事ができます。一石二鳥ですね。

時間をかけて食事をしましょう

食事に時間を掛けることにより、ゆっくり食べる事ができます。すると、良く噛んで食べるようになるし、そのために食事の量を減らす事もできます。

夜の遅い時間の食事

夜間は食べ物の消化に時間がかかります。消化する態勢になっていない時間帯が夜の遅い時間。この時間帯に夜ごはんを食べると消化に時間がかかり、胃への負担が増え、それとともに胃酸の分泌が増えてしまいます。
夜の遅い時間の食事は避けるようにしましょう。どうしても、食べないといけない場合は、食べる前に胃への負担を減らす漢方薬や薬を飲んでから食事をとります。そしてよく噛んで食べて、消化のいいものを摂りたいですね。


逆流性食道炎の原因を考える > 逆流性食道炎の食事や献立